債務整理 自己破産

–KCh

無料で弁護士・司法書士に相談できる債務整理ポータルサイト

[PR]

総量規制について

総量規制とは、簡単に言えば貸主がお金を貸せる総額が借主の年収の3分の1に決められたルールです。

個人がお金を借り入れる行為のことを『個人向け貸付け』と言います。

総量規制の対象は、この『個人向け貸付け』になります。

例としては、年収300万円の人に貸すことできる金額は、100万円が限界ということです。

また収入のない専業主婦の借り入れについては、夫と合算した年収の3分の1までの借り入れとなり、年収を参考に審査するため同意書や夫婦関係証明書類(住民票や戸籍謄本等)が必要になります。

総量規制の対象にはならないのは、法人向けの金貸しと保証、また個人向けであっても個人向け保証になります。